CDリリース情報 宮澤賢治歌曲全集「イーハトーヴ歌曲集」予約受付開始

2022/04/20

福井敬.net 主催公演

2022 年 4 月 20 日

0 時 0 分

0 時 0 分

2022 年 3 月 19 日

2023 年 3 月 19 日

CDリリース

152 - 0013

東京都 キングインターナショナル

史上初企画 音楽でも宮澤賢治は天才だった! 故郷の偉大な先輩の全歌曲を 福井敬が真似のできぬ至芸で謳いあげる!!

★人気、知名度ともに日本最高のテノール福井敬の最新アルバムは宮澤賢治歌曲全集。岩手出身の福井にとり、郷土の生んだ偉人・宮澤賢治は別格な存在でした。これまでも「星めぐりの歌」は愛唱してきましたが、今回全作品に挑みました。音楽作品の観点から宮澤賢治を考察する初の試みとなります。

★宮澤賢治は音楽好きで、当時としては破格のレコード・コレクションや、チェロを弾いたことも伝えられています。音楽創作も試み、関わった歌曲が 28 篇残されています。

★全点賢治自身の詩により、うち 8篇は作曲も手掛けています。「風の又三郎」以外の 19曲も既存のメロディに詩作している点が貴重で、まぎれもない文芸創作と言えます。そのなかにはベートーヴェンの「田園」やドヴォルザクの「新世界」もあり、音楽のイメージからインスピレーションを得ているのも興味深い限りです。「新世界」第2楽章による「種山ケ原」は、堀内敬三による有名な「遠き山に日は落ちて」よりも四半世紀以上前に詩作されている先取性も驚きです。

★ 28篇すべての録音は史上初。メルヘン調、邦楽調、讃美歌調から浅草オペラ調までさまざまなスタイルで変化に富み、聴き手を飽きさせません。劇「饑餓陣営」の4曲では福井敬の大将に加え3人の若手でオペレッタ風にしていて抱腹絶倒。重唱曲も彼らが対旋律を受け持ち、楽譜を忠実に再現します。柔軟な感性、才気とエネルギー、人を楽しませる能力はさすが宮澤賢治と唸らされます。

★賢治の作曲はメロディが伝えられるのみのため、作曲家・中村節也(1928-)が長年の研究うえ、校訂。既存のメロディによる曲も含めピアノ伴奏を付けました。

★ボーナス・トラックとして賢治の代表作「雨ニモ負ケズ」を岩手言葉で朗読。聴衆を特別な世界へ引き込み感動させる逸品です。

宮澤賢治歌曲全集「イーハトーヴ歌曲集」 ①月夜のでんしんばしら 【宮澤賢治作曲】 ②イギリス海岸の歌 【宮澤賢治作曲】 ③精神歌1 【川村悟郎原曲】 ④精神歌 2 【川村悟郎原曲】 ⑤剣舞の歌 【宮澤賢治作曲】 ⑥応援歌 【原曲不明】 ⑦牧者の歌 【J.E.スピルマン原曲】 ⑧ポランの広場 【G.エヴァンズ原曲】 ⑨太陽マジックの歌 【宮澤賢治作曲】 ⑩牧歌 【宮澤賢治作曲】 ⑪星めぐりの歌 【宮澤賢治作曲】 ⑫北ぞらのちぢれ羊から 【宮澤賢治作曲】 ⑬大菩薩峠の歌 【宮澤賢治作曲】 ⑭ポラーノの広場のうた 【C.H.ガブリエル原曲】 ⑮角礫行進曲 【グノー作曲】 ⑯牧馬地方の春の歌 【イッポリトフ=イワーノフ作曲】 ⑰種山ヶ原 【ドヴォルザーク作曲】 ⑱弓のごとく 【ベートーヴェン作曲】 ⑲火の島の歌 【ウェーバー作曲】 ⑳黎明行進曲 【作曲者不明】 ㉑私は五連隊の古参の軍曹 【チッペラリー原曲】 ㉒一時半なのにどうしたのだろう 【スイミング・ワルツの旋律】 ㉓糧食はなし四月の寒さ 【スイミング・ワルツの旋律】 ㉔饑餓陣営のたそがれの中 【讃美歌原曲】 ㉕バナナン大将の行進曲 A 【教導団歌原曲】 ㉖バナナン大将の行進曲 B【教導団歌原曲】 ㉗耕母黄昏 【宮澤賢治讃美歌原曲】 ㉘風の又三郎 【杉原泰蔵作曲】 (全曲宮澤賢治作詩、中村節也編曲) ★ボーナス・トラック 雨ニモ負ケズ(岩手言葉による朗読)

福井敬(テノール)、谷池重紬子(ピアノ) 和田央(バリトン)、大河原拓也(バリトン)、福井暖(テノール)③④⑮- 録音:2021年8月26日、28日、11月7日 キング関口台第1スタジオ

この演奏会の感想を募集!

感想やメッセージは福井さんに転送し、本サイトに掲載させていただきます。

ただし、個々の感想に関する返信は福井さんに求めておりませんのでご了承ください。

こちらの問い合わせフォームからご投稿ください。 感想を投稿